uモバイルは沖縄で使えるかチャレンジしてみる

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。

そうなったら、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

今、格安SIMを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると会社によって違うことが分かります。

例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、データ回線の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「帯域の太さ」と「設備」とは各社によって違ってくるものです。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMがよくわからない人や、メインで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選ぶことをオススメします。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月々1000円のものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなく基盤がしっかりとした会社を選ぶ必要があることが分かります。

実際にはスマホにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと言われているICカードのことを指しています。

スマホなどに、ドコモなどのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。

低価格のSIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、MVNOだと1000円未満という費用になることも。

いったん、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。

スマートフォンや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

Softbank、au、ドコモなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモの端末であれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする