今あるスマホにU-mobileのSIMカードをいれただけ

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。
これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。
例えば、月額1000円以下というものもあるU-mobileでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。
高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。
U-mobileを使うことができた場合、携帯電話料金を安くできます。
ソフトバンク等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々数百円なんていう費用に。
一度、プランニングしてみてもいいかもしれませんね。
格安SIMや格安スマホを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。
とはいえ、速度を実際に計ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。
具体例として通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。
いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
どうしてかというと通信速度は、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。
この「回線帯域の太さ」と「通信の設備」は会社によって異なるものです。
普通は、データ回線がふとければ一気にアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。
したがって事業者を選定の際には、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。
格安SIM初心者の方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとしたU-mobileが欲しい方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選択するというのもありですね。
格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。
docomo回線の事業者であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。
そのような方は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。
SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。
携帯端末に、大手携帯会社のものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、話題になっているサービスです。
スマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックがかけられています。
でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のU-mobileのSIMカードをそのまま利用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする