昨今では、ドコモやau以外のU-mobileとかでいいのではないかという声が

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供するU-mobileも登場しています。
U-mobileはちょっと不安という方や、メインとして使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。
キャリアから購入したスマホや外でも接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
docomo、KDDI、Softbankなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。
けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社のU-mobileのサービスを利用することができます。
U-mobileのSIMはiPhoneで使えるのか。
docomo回線の事業者であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
でも、ソフトバンクとauのものは残念ながら使えません。
そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。
今あるスマホにU-mobileを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
安価にデータ通信ができる格安SIM。
1000円前後の月額というものもあるU-mobileでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。
高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
一般的には帯域が太い場合には、ユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなくサービス品質も考慮してサービスを選定する必要があることが分かります。
SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称のICカードのことを指しています。
携帯端末に、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。
仮に格安SIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。
au等ですと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月額1000円以下という費用になることも。
いったん、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。
格安SIMや格安スマホを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
よって、製品スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、何処でも大きな違いはない状態です。
しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると会社によって違うことが分かります。
具体例として通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。
さまざまなMVNOもdocomoの回線を使用しているにも関わらず、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。
「太い回線帯域」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする