帯域が太ければアクセスが増えてもU-mobileでも大丈夫

一般に、帯域が太ければアクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、設備投資がしっかりしていれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなく回線や設備の品質も含めてサービスを選定する必要があることが分かります。
キャリアから購入したスマホや携帯電話網に接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。
けれども、SIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者のU-mobileのSIMカードをそのまま利用することができます。
今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。
それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、U-mobileを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
今、U-mobileを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
そのため、カタログスペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。
でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。
たとえば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのにこの差はどうして生まれてしまうのでしょうか。
その理由として通信速度は、「回線帯域の太さ」と通信の設備に影響されるからです。
「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは会社によって異なるものです。
SIMとは何かというとNTTdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードと言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。
スマホなどに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。
仮にU-mobileを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。
通常だと6000円以上かかる料金が、U-mobileだと月額1000円以下という費用になることも。
ここはひとつ、プランニングしてみても良いかもしれません。
データ通信が安くできるU-mobile。
1000円前後の月額というものもあるU-mobileでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。
MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。
でも、ソフトバンクとauのものはなんと使うことが出来ないのです。
そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。
NTTドコモ、KDDIなどもU-mobileへ参入してきています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、大手キャリアが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする