U-mobileでiPhoneで使いたい人がいると思いますが。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。
ドコモの回線を使用している業者であればドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
auやソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。
その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。
今あるスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。
それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、通信速度は低下せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。
このような状況からMVNOを選ぶ場合は、料金だけでなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。
通常のスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他の会社のSIMは使えないロック(SIM)がかかっています。
でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモの端末であれば、ドコモの回線を借りている事業者のU-mobileのサービスを利用することができます。
低価格でデータ通信できるU-mobile。
例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
仮にU-mobileを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。
大手キャリアだと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々1000円という費用になることも。
いったん、プランニングしてみても良いと思います。
NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。
U-mobile初心者の方や、メインで使っていけるサービスがしっかりとしたU-mobileが欲しい方は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選択するというのもありですね。
SIMカードとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。
スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、U-mobileのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。
格安のSIMを売っているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。
そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。
しかし、実際の通信速度を調べてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。
例えば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
どの事業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。
「太い回線帯域」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする