データ回線がふとければユーザーはU-mobileでも大丈夫

普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は低下せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。
U-mobileが使えれば、月々の通信費を抑えることができます。
ソフトバンク等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月々1000円という費用になることも。
一回は、プランニングしてみてもいいかもしれませんね。
iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。
MVNOでもドコモ回線のところであれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。
そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。
格安でデータ通信が利用できる「U-mobile」。
月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。
スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、U-mobile事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。
キャリアから購入したスマホやタブレットには「SIMロック」が施されているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、他の会社のSIMは使えないSIMロックが施されています。
しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのU-mobileを利用することができます。
ドコモや最近はauなどもとうとうU-mobileの提供を始めています。
安いサービスはちょっと心配という方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供しているU-mobileを選ぶことをオススメします。
実際にはスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。
それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、U-mobileの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
今、格安SIMを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。
よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。
けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。
具体例としてアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。
多くのサービス提供元も同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと「通信設備」に影響されることがあります。
「帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする