ドコモやauなど大手通信会社自らがU-mobileのようになってきた?

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供するU-mobileも登場しています。
安いサービスはちょっと心配という方や、メインで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、docomoやKDDIが提供しているU-mobileを選択するというのもありですね。
SIMカードとは、ドコモではUIMカード、KDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。
携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。
キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックがかけられています。
けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。
安くデータ通信ができる「U-mobile」。
月々1000円のものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。
今現在、格安SIM、スマホを販売するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。
したがって、スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。
でも、実際に速度を比較してみると提供元によって違うことがあることに気づきます。
具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。
いろいろな仮想移動体通信業者も同一のドコモ回線を使っているのにどうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。
「回線の帯域の太さ」と「通信の設備」はMVNOによって異なっています。
U-mobileのSIMはiPhoneで使えるのか。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。
auやソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。
そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。
これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
あなたが格安SIMに切り替えれば、通信費の削減が出来ます。
通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月々1000円なんていう費用に。
一度、検討してみても良いと思います。
たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、一気にアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるMVNOを選択した方が良いことが分かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする