U-mobileの真実。実はスマートフォンにSIMを入れても。。。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
一般的には帯域が太い場合には、一気にアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。
このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなくサービス品質も考慮してサービスを選定する必要があることが分かります。
iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。
ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。
でも、ソフトバンクとauのものはそのままでは使えません。
それでも使いたい場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。
今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。
格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選択するというのもありですね。
U-mobileが使えれば、通信費の削減が出来ます。
通常だと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者だと月々1000円という料金プランも。
一度、見直しを考えてみてもいいかもしれませんね。
そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。
携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。
安価にデータ通信ができるU-mobile。
月額1000円前後の格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
通常のスマホやネットワーク接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。
ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモの端末であれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのU-mobileを利用することができます。
今現在、格安SIM、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。
そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。
しかし、実際の通信速度を調べてみると会社によって違うことが分かります。
例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。
いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。
どうしてかというと通信速度は、帯域の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。
「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする