スマートフォンにSIMをさせばU-mobileになるの?

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。
これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、U-mobileを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
安価にデータ通信ができる格安SIM。
月の価格が数百円というものもあるU-mobileでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。
高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。
通常のスマホやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。
けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。
最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。
安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、ドコモやauが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。
iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。
ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。
そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。
普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。
したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなく回線や設備の品質も含めて選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。
通常だと月に7000円以上もかかってきますが、格安のSIMを使うと月額1000円以下ということも。
一回は、確認してみても悪くないのではないでしょうか。
そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。
携帯端末に、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。
今、U-mobileを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。
そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信速度は最大で150Mなど、何処でも大きな違いはない状態です。
でも、実際に速度を比較してみると各社によって違う場合があります。
一例を挙げるとアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。
多くのサービス提供元も同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
どうしてかというと通信速度は、通信回線の帯域の太さと「通信設備」に影響されることがあります。
「回線の帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする