U-mobile事業者のSIMカードを使う

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。
携帯端末に、大手キャリアのものではなく、U-mobile事業者のSIMカードを使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、話題になっているサービスです。
今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
今なら、docomoやKDDIなどもU-mobileの提供を開始しています。
安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できるU-mobileを探している方は、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。
iPhoneでU-mobileを使いたい人はいると思います。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
しかし、softbankやauのものはそのままでは使えません。
そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロックを解除する、または、下駄を使うことになります。
普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備投資がしっかりしていれば、データを素早く処理できるためユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。
このようなことからU-mobileベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなく基盤がしっかりとした事業者を選択する必要があることが分かります。
格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。
月の価格が数百円というものもあるU-mobileでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。
格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
よって、製品スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、何処でも大きな違いはない状態です。
けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。
一例を挙げるとランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。
どの事業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。
その理由として通信速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。
この「回線帯域の太さ」と「設備」とは会社によって異なるものです。
スマホや携帯電話網に接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。
しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMのサービスを利用することができます。
あなたが格安SIMに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。
ソフトバンク等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、U-mobileだと月額1000円以下ということも。
いったん、考えてみても良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする