iPhoneでU-mobileを使いたい!

iPhoneでU-mobileを使いたい人はいると思います。
ドコモの回線を使用している業者であればドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
しかし、softbankやauのものはなんと使うことが出来ないのです。
それでも使いたい場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
安くデータ通信ができる「U-mobile」。
例えば、月額1000円以下というものもあるU-mobileでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます。
大手キャリアだと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者だと月々1000円という費用になることも。
一回は、確認してみてもいいのではないでしょうか。
格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。
しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると会社によって違うことが分かります。
例をあげると、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。
どの事業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。
どうしてかというと通信速度は、回線の帯域である太さと「通信設備」に影響されることがあります。
「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。
そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、KDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれている小型のICカード「SIMカード」のことです。
スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。
今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。
それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、U-mobileを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
NTTドコモ、KDDIなどもU-mobileへ参入してきています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、ベースとして使って行けるサービスがしっかりとしたU-mobileが欲しい方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。
一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、通信速度は低下せず、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
以上のことから会社を選ぶ際は、料金だけでなく安定したサービスを提供出来るサービスを選定する必要があることが分かります。
大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他のキャリアのSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。
しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のU-mobileのサービスを利用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする