U-mobileが使えれば、スマホ料金を安くすることができるのです

U-mobileが使えれば、スマホ料金を安くすることができます。
docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月に1000円程度なんていう料金になることが。
一度、考えてみても良いと思います。
格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。
月の価格が数百円というものもあるU-mobileでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。
そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、softbankではUSIMカードという名前のICカードのことを指しています。
スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、U-mobile事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。
大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。
ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。
しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMを利用することができます。
たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、アクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、データを安定して処理できるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。
したがって事業者を選定の際には、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。
実際にはスマホにU-mobileを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。
理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、U-mobileの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。
格安SIM初心者の方や、これだけで使っていける実績のある安定したサービスのU-mobileを求めている人は、docomoやKDDIが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。
格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。
とはいえ、速度を実際に計ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。
一例を挙げると利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
どうしてかというと通信速度は、データ回線の太さと通信の設備に影響されるからです。
「帯域の太さ」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。
iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。
ドコモの回線を使用している業者であればdocomoのiPhoneがそのまま使えます。
でも、ソフトバンクとauのものはなんと使うことが出来ないのです。
その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする