データ通信が安くできるU-mobile。例えば月いくらになるのか?

データ通信が安くできる格安SIM。
例えば、月額1000円以下というものもあるU-mobileでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。
今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。
それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
一般的には帯域が太い場合には、一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
このようなことからU-mobileベンダーを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。
U-mobileを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。
docomo等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下なんていう費用に。
とりあえず、確認してみても悪くないのではないでしょうか。
格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。
したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どこも同じような感じになっています。
でも、実際に速度を比較してみると各社によって違う場合があります。
例をあげると、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
どの事業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。
その理由として通信速度は、「回線帯域の太さ」と設備の品質に影響を受けたりするためです。
「回線の帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。
今なら、docomoやKDDIなどもU-mobileの提供を開始しています。
格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがあるU-mobileを探している人は、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。
ドコモの回線を使用している業者であればドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのまま利用することはできません。
その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
SIMとは何かというとNTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。
携帯電話に、大手キャリアのものではなく、U-mobile事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。
スマートフォンやタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックというものが設定されています。
けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモの端末であれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMを利用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする