ドコモでは「UIMカード」、KDDIやU-mobileでは?

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称のIC型のカードのことです。
スマホなどに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。
データ通信が安くできる格安SIM。
月額1000円前後のU-mobileでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。
U-mobileをiPhoneで使いたい人がいると思います。
docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。
けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。
その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。
今あるスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
通常のスマホやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。
けれども、SIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのU-mobileを利用することができます。
最近は大手キャリア自身が提供するU-mobileも出てきています。
安いサービスはちょっと心配という方や、メインとして使っていくためにきちんとしたサービスを提供できるU-mobileを探している方は、docomoやKDDIが提供しているU-mobileを選ぶことをオススメします。
低価格のSIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。
docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下なんていう費用に。
ここはひとつ、考えてみても悪くないのではないでしょうか。
一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。
このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくサービス品質も考慮して選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
現在、格安SIM・格安スマホを提供するほとんどの事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
そのため、サービスのスペックとしての速度は最大でも150M程度など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。
でも、実際に速度を比較してみるとMVNOによって大きく異なるんです。
具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
さまざまなMVNOも同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
なぜかというと通信の速度は、「回線帯域の太さ」と設備の品質に影響を受けたりするためです。
「太い回線帯域」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする