仮に格安SIMを使うことができるであればU-mobileが良い理由

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。
ソフトバンク等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安SIMだと月々1000円なんていう料金になることが。
ここはひとつ、確認してみてもいいのではないでしょうか。
普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるため混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。
最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。
U-mobileはちょっと不安という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準のU-mobileをお探しの方などは、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。
SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれているICカードのことを指しています。
スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、かなり注目されているわけです。
格安SIMや格安スマホを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。
よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どこも同じような感じになっています。
けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。
例えば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。
「帯域の太さ」と「通信の設備」は会社によって異なるものです。
iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。
そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。
格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。
1000円前後の月額というものもあるU-mobileでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。
実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
スマホや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。
docomo、KDDI、Softbankなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。
ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモの端末であれば、ドコモの回線を借りている事業者のU-mobileのサービスを利用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする