U-mobileや格安スマホを販売している会社は?

U-mobileや格安スマホを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。
そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。
しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると各社によって違う場合があります。
例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
多くのサービス提供元も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
その理由として通信速度は、回線の帯域である太さと「通信設備」に影響されることがあります。
この「回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。
格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。
docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと1000円未満ということも。
一回は、プランニングしてみても良いと思います。
SIMとは何かというとドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、softbankではUSIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。
携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。
普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなく安定したサービスを提供出来る選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。
U-mobileはちょっと不安という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。
iPhoneでU-mobileを使いたい人はいると思います。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
でも、ソフトバンクとauのものは残念ながら使えません。
そのような方は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。
格安でデータ通信が利用できる「U-mobile」。
月額1000円前後の格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。
理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。
ただし、SIMロックが設定されていても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のU-mobileのサービスを利用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする