安くデータ通信ができる「U-mobile」について調べてみる

安くデータ通信ができる「U-mobile」。
1000円前後の月額というものもあるU-mobileでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。
今、格安SIMを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。
よって、製品スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。
でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。
例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。
いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
なぜかというと通信の速度は、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。
「太い回線帯域」と「通信の設備」は会社によって異なるものです。
SIMとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。
携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、かなり注目されているわけです。
U-mobileを使うことができた場合、月々の通信費を抑えることができます。
大手キャリアだと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと1000円未満なんていう料金になることが。
一回は、確認してみても悪くないのではないでしょうか。
iPhoneでU-mobileは使えるのでしょうか。
ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。
けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。
それでも使いたい場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、または、下駄を使うことになります。
実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。
理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、U-mobileの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
スマホや携帯電話網に接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックが施されています。
しかし端末にSIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。
一般に、帯域が太ければアクセスが増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。
このような状況からMVNOを選ぶ場合は、値段だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。
ドコモや最近はauなどもとうとうU-mobileの提供を始めています。
安いサービスはちょっと心配という方や、メインで使っていける安定したサービス水準のU-mobileをお探しの方などは、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする