ランチタイムなどの利用者が多いタイミングでもU-mobileで大丈夫?

SIMとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。
携帯端末に、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。
格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。
そのため、サービスのスペックとしての速度は最大でも150M程度など、何処でも大きな違いはない状態です。
とはいえ、速度を実際に計ってみると会社によって違うことが分かります。
たとえば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。
どの事業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。
その理由として通信速度は、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。
この「回線帯域の太さ」とこの「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。
実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。
それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
U-mobileのSIMはiPhoneで使えるのか。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。
でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは実は使えないのです。
そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、できればSIMロック解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。
通常のスマホや外でも接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。
docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックが施されています。
でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のU-mobileのSIMカードをそのまま利用することができます。
低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。
大手キャリアだと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月に1000円程度という費用になることも。
いったん、プランニングしてみてもいいかもしれませんね。
通常、帯域がしっかりしていればユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなく回線や設備の品質も含めてMVNOを選択した方が良いことが分かります。
今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。
格安SIMはちょっと不安という方や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがあるU-mobileを探している人は、こうした大手通信会社が手がけるU-mobileを選ぶことをオススメします。
安くデータ通信ができる「U-mobile」。
月額1000円前後の格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする