今、U-mobileを販売しているほとんどの事業者にある事情

今、U-mobileを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どこも同じような感じになっています。
しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。
例をあげると、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。
多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。
「太い回線帯域」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。
ドコモや最近はauなどもとうとうU-mobileの提供を始めています。
安いサービスはちょっと心配という方や、メインとして使っていくためにサービスがしっかりとしたU-mobileが欲しい方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。
スマホやタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックフリーのものがある。
Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックがかけられています。
けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。
iPhoneでU-mobileは使えるのでしょうか。
ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。
その場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、ロックを解除する、または、下駄を使うことになります。
実は、スマートフォンにU-mobileを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。
理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
このようなことからU-mobileベンダーを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく基盤がしっかりとした選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯電話料金を安くできます。
au等ですと6000円以上かかる料金が、MVNOだと1000円未満という料金プランも。
とりあえず、見直しを考えてみてもいいかもしれませんね。
SIMカードとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。
携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、U-mobileのカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。
データ通信が安くできるU-mobile。
月額1000円前後の格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。
LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする