U-mobileのSIMはiPhoneで使えるのか気になりませんか?

U-mobileのSIMはiPhoneで使えるのか。
ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。
そんな時は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。
U-mobileがよくわからない人や、メインで使っていけるサービスがしっかりとしたU-mobileが欲しい方は、こうした大手通信会社が手がけるSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。
安価にデータ通信ができるU-mobile。
月々1000円のものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。
そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、KDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名前のIC型のカードのことです。
スマホなどに、ドコモなどのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。
大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。
しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。
普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。
したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
今あるスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。
理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、U-mobileの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
現在、U-mobile・格安スマホを提供するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。
よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。
とはいえ、速度を実際に計ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。
たとえば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。
どの事業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
どうしてかというと通信速度は、回線の帯域である太さと通信の設備に影響されるからです。
この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。
U-mobileが使えれば、月々の通信費を抑えることができます。
通常だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと1000円未満なんていう料金になることが。
一度、プランニングしてみてもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする