帯域が太ければ利用者が増加してもU-mobileでも大丈夫

一般に、帯域が太ければ利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
以上のことから会社を選ぶ際は、値段だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。
低価格でデータ通信できる格安SIM。
月額1000円前後の格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。
iPhoneでU-mobileは使えるのでしょうか。
ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。
auやソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。
そうなったら、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。
キャリアから購入したスマホや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないロック(SIM)がかかっています。
しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMを利用することができます。
実際にはスマホにU-mobileを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。
これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、U-mobileを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供するU-mobileも登場しています。
格安SIM初心者の方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ているU-mobileを選ぶことをオススメします。
SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。
携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、U-mobile事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、かなり注目されているわけです。
U-mobileを使うことができた場合、通信費の削減が出来ます。
通常だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者だと月々数百円という料金プランも。
一回は、検討してみても悪くないのではないでしょうか。
今、U-mobileを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
したがって、スペック上の速度は最大でも150M程度など、何処でも大きな違いはない状態です。
しかし、実際の通信速度を調べてみると各社によって違う場合があります。
具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
多くのサービス提供元も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
どうしてかというと通信速度は、「回線帯域の太さ」と設備の品質に影響を受けたりするためです。
この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする