利用者が増加したところU-mobileで問題ない理由とは?

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、速度が低下しにくく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。
このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。
最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。
U-mobile初心者の方や、これのみで使っていくために安定したサービス水準のU-mobileをお探しの方などは、NTTdocomoやauから出ているサービスを選択するのもありかもしれません。
大手キャリアのスマートフォンやタブレットにはSIMロックされているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。
docomo、KDDI、Softbankなどの会社が売っている端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。
けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。
MVNOでもドコモ回線のところであれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
でも、ソフトバンクとauのものはそのままでは使えません。
そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、または、下駄を使うことになります。
安くデータ通信ができる「U-mobile」。
月の価格が数百円というものもあるU-mobileでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。
仮に格安SIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。
ソフトバンク等だと月に7000円以上もかかってきますが、MVNOだと月に1000円程度という費用になることも。
いったん、プランニングしてみてもいいかもしれませんね。
今、U-mobileを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
したがって、スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。
とはいえ、速度を実際に計ってみると各社によって違う場合があります。
例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。
いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのに大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。
なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと通信の設備に影響されるからです。
この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。
今あるスマホにU-mobileを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。
理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、U-mobileを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
SIMカードとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称のIC型のカードのことです。
スマホなどに、大手キャリアのものではなく、U-mobileのカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、話題になっているサービスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする