ドコモや最近はauなどもとうとうU-mobile?

ドコモや最近はauなどもとうとうU-mobileの提供を始めています。
U-mobileはちょっと不安という方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選択するというのもありですね。
実は、スマートフォンにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。
これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。
ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは残念ながら使えません。
それでも使いたい場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。
一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
以上のことから会社を選ぶ際は、値段だけでなくサービス品質も考慮して選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
安くデータ通信ができる「U-mobile」。
月額1000円前後のU-mobileでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。
あなたがU-mobileに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。
通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと月々1000円ということも。
とりあえず、確認してみても良いと思います。
キャリアから購入したスマホや外でも接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。
けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモの端末であれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。
格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
そのため、カタログスペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どの会社でも大きな差異はない状況です。
でも、実際に速度を比較してみると仮想移動体通信事業者によって違っています。
例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。
多くのサービス提供元もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と通信の設備に影響されるからです。
「データ回線帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。
SIMカードとは、docomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。
スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする