U-mobileに限らず普通は、データ回線がふとければよいはず

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、データを素早く処理できるためユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。
このようなことからU-mobileベンダーを選ぶ場合は、価格だけでなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択した方が良いことが分かります。
スマホや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。
docomo、KDDI、Softbankなどの会社が売っている端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックが施されています。
しかし端末にSIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモの回線を借りている事業者のU-mobileのSIMカードをそのまま利用することができます。
実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
安価にデータ通信ができるU-mobile。
1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。
NTTドコモ、KDDIなどもU-mobileへ参入してきています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、こうした大手通信会社が手がけるU-mobileを選択するというのもありですね。
SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称のIC型のカードのことです。
携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、U-mobileを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。
格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
したがって、スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、何処でも大きな違いはない状態です。
しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみるとMVNOによって大きく異なるんです。
例えば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。
どの事業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。
その理由として通信速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。
「回線の帯域の太さ」と「設備の品質」とはMVNOによって異なっています。
あなたが格安SIMに切り替えれば、スマホ料金を安くすることができます。
大手キャリアだと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々数百円なんていう料金になることが。
一度、考えてみても悪くないのではないでしょうか。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。
ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。
けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。
その場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする