安くデータ通信ができる「格安SIM」こそU-mobile

安くデータ通信ができる「格安SIM」。
1000円前後の月額というものもあるU-mobileでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。
高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。
MVNOでもドコモ回線のところであれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのままでは使えません。
その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
低価格のSIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。
docomo等だと6000円以上かかる料金が、U-mobileだと1000円未満ということも。
とりあえず、プランニングしてみても良いかもしれません。
一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来るサービスを選定する必要があることが分かります。
そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。
スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、U-mobileを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。
今なら、docomoやKDDIなどもU-mobileの提供を開始しています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できるU-mobileを探している方は、NTTdocomoやauから出ているU-mobileを選ぶことをオススメします。
スマホや携帯電話網に接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。
Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。
しかし端末にSIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMを利用することができます。
今、U-mobileを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。
そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。
しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。
一例を挙げるとランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。
さまざまなMVNOもNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。
「回線の帯域の太さ」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。
今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする