SIMとは何かというとU-mobileとかで使われているものですね

SIMとは何かというとNTTdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。
携帯端末に、大手携帯会社のものではなく、U-mobile事業者のSIMカードを使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。
低価格でデータ通信できる格安SIM。
月々1000円のものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。
iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。
MVNOでもドコモ回線のところであれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。
そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
今現在、U-mobile、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。
とはいえ、速度を実際に計ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。
例えば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。
さまざまなMVNOも同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
そのわけは、データ通信の速さは、帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。
この「回線帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。
実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。
理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
仮にU-mobileを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。
大手キャリアだと月額6000円以上もかかる通信費ですが、U-mobileだと月々1000円なんていう費用に。
一回は、見直しを考えてみても良いかもしれません。
一般的には帯域が太い場合には、ユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
したがって事業者を選定の際には、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。
スマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックが施されています。
でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のU-mobileを利用することができます。
ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、NTTdocomoやauから出ているサービスを選択するのもありかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする