あなたがU-mobileに切り替えたいと思っているのであれば

あなたがU-mobileに切り替えれば、スマホ料金を安くすることができます。
docomo等だと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと1000円未満という費用になることも。
とりあえず、見直しを考えてみても良いかもしれません。
iPhoneでU-mobileは使えるのでしょうか。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。
しかし、softbankやauのものはそのままでは使えません。
そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
通常、帯域がしっかりしていればユーザーが一気に増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、設備にきちんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。
SIMとは何かというとドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、softbankではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。
携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供するU-mobileも登場しています。
U-mobileはちょっと不安という方や、これのみで使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。
安価にデータ通信ができるU-mobile。
1000円前後の月額というものもあるU-mobileでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。
現在、格安SIM・格安スマホを提供するほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
したがって、スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。
とはいえ、速度を実際に計ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。
例をあげると、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。
いろいろな仮想移動体通信業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。
「回線の帯域の太さ」とこの「設備」とは各社によって違ってくるものです。
実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。
理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、U-mobileを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
スマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、他の会社のSIMは使えないSIMにロックがかかっているのです。
けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする