U-mobileではなく大手キャリアのスマートフォンや携帯電話網に接続すると

大手キャリアのスマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。
Softbank、au、ドコモなどの会社が売っている端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。
でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMを利用することができます。
実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。
それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、U-mobileの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
最近は大手キャリア自身が提供するU-mobileも出てきています。
安いサービスはちょっと心配という方や、メインで使っていける安定したサービス水準のU-mobileをお探しの方などは、大手キャリアが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。
格安SIMや格安スマホを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、何処でも大きな違いはない状態です。
けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると会社によって違うことが分かります。
たとえば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。
いろいろな仮想移動体通信業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と通信の設備に影響されるからです。
「回線の帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。
安価にデータ通信ができるU-mobile。
例えば、月額1000円以下というものもあるU-mobileでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。
SIMカードとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。
スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。
iPhoneでU-mobileを使いたい人はいると思います。
MVNOでもドコモ回線のところであれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
でも、ソフトバンクとauのものはそのままでは使えません。
そのような方は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMロック解除をなんとかする、下駄などを使って何とか認識させることになります。
一般に、帯域が太ければ利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
このようなことからU-mobileベンダーを選ぶ場合は、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
あなたがU-mobileに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。
ソフトバンク等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、U-mobileだと月額1000円以下ということも。
とりあえず、プランニングしてみてもいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする