一般にU-mobileの帯域が太ければユーザは安定するのか

一般に、帯域が太ければユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなく回線や設備の品質も含めて選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
キャリアから購入したスマホやタブレットには「SIMロック」が施されているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。
Softbank、au、ドコモなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。
しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のU-mobileを利用することができます。
U-mobileをiPhoneで使いたい人がいると思います。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
でも、ソフトバンクとauのものはそのままでは使えません。
それでも使いたい場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
SIMカードとは、docomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。
携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、U-mobileのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。
あなたがU-mobileに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。
docomo等だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月額1000円以下という料金プランも。
ここはひとつ、検討してみてもいいのではないでしょうか。
安価にデータ通信ができるU-mobile。
月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。
格安SIMや格安スマホを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。
そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。
しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみるとMVNOによって大きく異なるんです。
たとえば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
いろいろな仮想移動体通信業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。
「太い回線帯域」と「通信設備」はMVNOによって異なっています。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供するU-mobileも登場しています。
格安SIM初心者の方や、これだけで使っていける実績のある安定したサービスのU-mobileを求めている人は、ドコモやauが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。
実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、U-mobileの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする