SIMとはドコモではUIMカードと言われてるもの。U-mobileでも一緒?

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称のIC型のカードのことです。
携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、U-mobileのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。
U-mobileが使えれば、月々の通信費を抑えることができます。
ソフトバンク等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々1000円ということも。
一回は、プランニングしてみてもいいかもしれませんね。
通常、帯域がしっかりしていれば一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
このようなことからU-mobileベンダーを選ぶ場合は、価格だけでなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。
iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。
MVNOでもドコモ回線のところであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。
でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのまま利用することはできません。
そのような方は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。
格安でデータ通信が利用できる「U-mobile」。
例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。
スマホや外でも接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。
Softbank、au、ドコモなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックというものが設定されています。
ただし、SIMロックが設定されていても、docomoの端末の場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。
U-mobileや格安スマホを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。
したがって、スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どのMVNOも大差はない状態です。
けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。
一例を挙げると通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。
いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。
「太い回線帯域」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。
NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。
安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとしたU-mobileが欲しい方は、こうした大手通信会社が手がけるサービスを選択するのもありかもしれません。
実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。
理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする