iPhoneでU-mobileは使えるのか気になる

iPhoneでU-mobileは使えるのでしょうか。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。
しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。
そうなったら、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。
仮にU-mobileを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。
docomo等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと月々数百円なんていう費用に。
一度、検討してみてもいいかもしれませんね。
実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。
それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、U-mobileを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
通常、帯域がしっかりしていればユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくサービス品質も考慮してサービスを選定する必要があることが分かります。
キャリアから購入したスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。
ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックが施されています。
でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。
格安でデータ通信が利用できる「U-mobile」。
例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。
NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。
格安SIMがよくわからない人や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できるU-mobileを探している方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。
SIMカードとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。
携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、U-mobileのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。
格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。
けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。
例えば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。
いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。
「データ回線帯域の太さ」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする