umobileのmax25が気になる今日この頃

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIM初心者の方や、メインとして使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

キャリアから購入したスマホやタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモの端末であれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる会社を選ぶ必要があることが分かります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

その理由として通信速度は、データ回線の太さと通信の設備に影響されるからです。

この「回線帯域の太さ」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。

仮に格安SIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと1000円未満なんていう料金になることが。

一回は、見直しを考えてみても良いと思います。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする